SiteMap

石垣島 ダイビングtop
石垣島ダイビング
コンセプト
インフォメーション
海へ日記
予約・お申し込み
予約状況
石垣島情報
ギャラリー
石垣島ダイビング石垣島ダイビング記事
ミンサー柄

スタッフBlog"魚ぎょギョ日記"はこちらから

石垣島海へカレンダ

2017年10月
S M T W T F S
1
2
3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

海へblogカテゴリー

ダイビングエントリー

リスト

ニモ、イソギンチャクごと居なくなる?


log171001a.jpglog171001b.jpg
log171001c.jpglog171001d.jpg

今日のゲスト・・・どこからどう見ても関西人の雰囲気が、間違いなしに関西人でした
何処となく懐かしいにおいが?ご近所さんにいそうな人たちでした
2組、いつもの様にスノーケリングから始め
浅瀬のスノーケルで見れるニモやハマクマノミ、グルクンの群れ、デバスズメの群れ等々をご案内していざ本番体験ダイビング
ここでのお決まりは、まずボート下で慣れてから記念写真を撮り、さあぁ~出発~でニモの方に行くんだけど???
いつもの場所で振り向いてスレートにニモと書き、ゲストに見せて、期待ドキドキでのご対面・・・っと書いたまでは良いけど?
えぇ~~~~~~~~~~~っ????ニモが居ない?????
しかもいイソギンチャクごと????
岩肌には綺麗に今まで居た型が着いたまま???
ここのニモ大切なのに・・・僕だけではなく他のお店も良く見に来るニモです
辺りを探せば何にもない砂地に浮遊するイソギンチャク発見!
寿命か?誰かが獲り損ねたのか?いたずらか?
理由は判らないけど取り合えづ見つけたので、そ~っといつもの場所うに戻したはいいけど?
1匹足りねぇ~~~~?
よくよく見ると砂地に取り残されているニモ発見
こんな近くなのに判んないんだろうね?明らかにパニック
手で囲んで戻そうとしていたら、体験ダイビングの方も理解してくれ一緒に周りから追い込んでイソギンチャクの方へと・・・しかしパニックニモはその横をすり抜け逃げ惑う
そこで考えたのがもう一度イソギンチャクを砂地にもっていき、パニックニモと合流し(イソギンチャクを見たら安心して入ってきました)そ~~~~っと3匹逃げないように元に戻してきました
後は彼らの自由です
何処かに旅立つか?寿命か?元のさやに戻るか?
どうなるんでしょうか???出来れば戻って来てちょうだい。。。
昨日の午前は居ました・・・午後も居ました・・・
今日は午後からなので午前に何かあったのか???

日時:2017年10月 1日 16:20